参議院議員 田城 郁 たしろ かおる みん声キャンペーン
テーマ3 6/15(水)〜6/21(火) 職場でのお悩み
募集は締め切りました
たとえば… 労働時間 賃金 パワハラ etc.
皆様からのご意見はこちら ● 私は現在、会社の企画部門で仕事をしています。人員と業務量がマッチしていないの で、残業が常態化しています。しかし、上司の目もあり、退勤の処理をしてから残業 を続けてしまっています。いけないとは思いながらも、業務を回すためには仕方ない のかなと思っています。正直いって、仕事のことを気にすることなく、ゆっくり落ち 着いて寝たいというのが、私の願いです・・・。 (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 私は現在、JRの運転士をしています。職場での悩みは、運転士本来の仕事以外のこ とを、会社から求められていることです。本来、運転士は列車を安全、正確に運転す ることであるはずなのに、運転業務以外の自己啓発活動を、暗に強制されています。 たとえば職場の上司から「自己啓発活動をやらないと昇進試験に合格しない」という ことを言われるといった具合です。職場の輪も乱れ、実際に事故も増えていて不安で す。会社は、運転士たちを本来業務に集中させろ!! (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 何かにつけ検定や資格がなければ希望する業務につかせてもらえません。試験を受け ていないだけで知識と経験は誰よりも持っていると自負しているのですが。世の中に 検定試験や資格試験が多過ぎませんか? (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 職場には育児休暇制度がありますが、要員不足から休暇をとると、ほかの皆さんに迷 惑をかけてしまうのではという気持ちになります。実際、結婚しても子供を作るのを ためらったり、子供ができても、本来はうれしいことなのに「職場のみんなに申し訳 ない」という気持ちが先にきてしまう状況です。 (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 職場ではありませんが、最近電車の遅延が日常化していて時間が読めません。日本の 鉄道は時刻表通り運行していることがかつては海外から賞賛を受けていたのに。普段 でも通勤時間に片道1時間半かかるところ遅延したら2時間超えは当たり前。疲労度が 増します。(「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 自分の職場は慢性的な要員不足が発生し、臨時列車も多く、女性は出産等で休んでお り、年休も入りづらくなってます。そして休日出勤も多発しており、体が休めずその 影響が通常業務のミスにもつながってます。昨年度年休が入らず、流してしまった人 もいました。まともに休めない状態は危機的と仲間は感じてます。列車を走らせて集 客することは悪いことではありませんが、乗務員に負担がかかる列車運行は鉄道の根 幹の安全に関わることです。列車運行に見合った要員配置を求めています。働きやす い環境を整えてもらいたいと思います。 (FB「みん声」キャンペーンページより) ● ここ数年、乗務行路の圧縮と人員削減で、有給休暇を消化出来ません。 また、乗務行 路の勤務の絡みから、年間付与されるはずの特別休暇を消化し切れず、毎年10日ほど は買い上げとして乗務させられています、もちろん乗務員不足の一点張りで拒否して 休むことも出来ません。 深夜時間帯の休養時間も殆どが2時間のもので、身も心も疲 弊しきって居ます。給料も格安なら期末手当も格安、休みもまともに出さずに労働の 強要に呆れてます。もう辞めたいです、鉄道の仕事なんて選ぶんじゃなかった。他人 にもお勧めしませんし、こんな会社で勤めている事は恥ずかしくて言えないです。 出 来ることなら転職も考えていますが、そうは簡単に行かないものです。心の安息が本 当に欲しいです。(「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 泊まり勤務があるにも関わらず夜間預けられる託児所を整備しないのは、おかしい。 まだ、両親に頼れるが頼れなくなったら、仕事を続けられる自信がない。日勤職にな っても、残業で帰れない。 なぜ、日本は長時間働くことが美徳とされるのか。 (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 同じようなミスが何件か発生すると、対策という言葉が前面に出てきます。責任追求 であったり、対策という名の作業の上乗せは、あまり効果がないと思います。原因を 究明することによって、自分の弱点や、普段気付かない落とし穴が見つかるケースが あり、当事者以外も自らのこととして教訓化することができます。しっかりと声を出 し、安全第一の職場風土をつくっていきます。 (FB「みん声」キャンペーンページより) ● 私は、地方公務員ですが、20年も嘱託職員ですが、他の人は正規採用されています。 しかし、仕事に理解力無い職員が正規でいて、仕事が出来る職員が嘱託と不当人事が あり、納得いきません。仕事が出来ない職員の賃金が嘱託の3倍とはいえ、同じ年齢 であれば、嘱託職員も正規職員と同等の賃金を払うべきだと思います。 (FB「みん声」キャンペーンページより) ● 私はJRで働いています。なにより深刻なのはどの系統でも人が足りないことです。 国鉄からJRになり、一時期採用をストップしていたため、これからベテランの方々 がいなくなられると、さらに人員が厳しくなります。営利だけを求め、人件費を削る がゆえに、職場では有給休暇は取得できず、休日労働が当たりまえになっています。 代わりに働いてくれる人を探すだけで、疲労とストレスは溜まるばかりです。安全上 とても良くない状況です。また、女性社員も多く、育児と仕事の両立をしている人も 多くいます。しかし制度と設備を見ても環境は整っていません。制度は国が定めた最 低基準でつくられたものしかなく、託児所があるわけでもなく、福利厚生では限界が あります。このままだと、会社を辞めざるを得ないという人もいます。 法整備に強化 と、企業における責任をもっと厳しくする必要があると思います。 (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 激しい駅員の人件費のコストカットとは裏腹に、建設工事の増大しか考えていない会 社の体制に、私は正直首をひねってしまいます。設計者やお金の勘定をする要員が増 えないなのにも関わらず本当に必要な工事なのかわからない工事も割り振られ、常に 疑問をもちながら仕事をしています。一人の担当者に多くの工事が与えられ、一方で は工事をあまり持たない人もいたりで、一人ひとりの仕事にムラがあります。年度末 になると、急に割り込んでくる工事もあったりで、仕事がいつまでも終わらず、トン ネルの出口がいつも見えない状況です。私はほかにやれるスキルがないからこの会社 に残っているのですが、果たして定年まで正気でいられるかどうか・・・ (「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 様々な事象から、各系統で技術力が低下していると感じます。あと数年で経験豊富な 先輩方が退職していきます。年金支給の問題もありますが、定年を65歳まで延長し、 現職として職場に在籍することで、技術継承に力を入れていかなければ、安全が低下 してしまいます。(FB「みん声」キャンペーンページより) ● 職場の人たちの周りへの無関心に驚きます。職場のこと、社会のこと、政治のこと、 とにかく無関心です。何で仕事がどんどん大変になっていくのか、有給が取れないの か、人手が足りないのに人員が増やされないのか、物価や税金ばかりあがって賃金が 上がらないのか、裏で文句だけは言って、でも自分はその原因を考えない、改善しよ うと行動もしない。そんな人ばかりで、働く人たちの環境はどんどん悪くなるばかり な気がします。企業も社会の中の一部で政治に左右されます。無関心でも無関係では いられないんだよ!と思います。(「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿) ● 東労組の役員に政治活動、選挙活動を強要されて困っています。仕事で疲れている日 でも集会に動員は当たり前、選挙も紹介者を集めてこないと職場の役員に恫喝されま す。休みの日にも組合活動を強要します。また、職場では要員が足りず、年休も入ら ないのに、それを見過ごし、選挙活動ばかりし、我々にそれを強要します。また、同 じ職場の仲間であるはずなのに、組合が違うというだけで「会話をするな、仲良くし たり飲みに行ったりするな」と言われ、個人的な交友まで否定します。選挙や政治思 想、人付き合いは本来自由なものであり、それを労働組合に強要されるのはおかしい と思います!!(「みん声」公式キャンペーンサイトへの投稿)
たくさんのご意見ありがとうございました! “みん声”トップページへ戻る