参議院議員 田城 郁 たしろ かおる みん声キャンペーン
みなさんの「たしろかおるにこれを言いたい!」という声をぶつけていただく “たしろ「みん声」キャンペーン”! 参議院議員になって6年間、現場の電車運転士出身の参議院議員として活動してきて、現場のみなさん、問題に直面しているみなさんとのつながりをもち続け、声をきくことが国政での活動において何よりも重要であることを実感しました。現場出身の参議院議員としてこれからもより一層みなさんとのつながりをより深くし、意見交換を通じて国会議員を身近な存在として感じていただきたいと思っています。
大仁田 厚さんより熱いメッセージをいただきました!
4週間にわたり、週替わりのテーマでみなさんのアイディアや本音を寄せていただきました。 ご意見は、公式ホームページ、 で紹介しています。 たくさんのご意見ありがとうございました! “たしろ「みん声」キャンペーン”facebookページ
ローカル線活性アイデア たとえば… たしろかおる参議院議員が力を注ぐ只見線 みなさんが関心を持つ路線 etc.
子どもたちの未来への提言 たとえば… いじめ 教育 環境 etc.
職場でのお悩み たとえば… 労働時間 賃金 パワハラ etc.
テーマ1 6/1(水)〜6/7(火)
テーマ2 6/8(水)〜6/14(火)
テーマ3 6/15(水)〜6/21(火)
募集は締め切りました テーマ1の「みん声」はこちら
募集は締め切りました テーマ2の「みん声」はこちら
募集は締め切りました テーマ3の「みん声」はこちら
あなたの文句をききます! たとえば… たしろかおる参議院議員への文句 日本社会への文句 国政の現状への文句 etc.
テーマ4 6/22(水)〜6/28(火)
募集は締め切りました テーマ4の「みん声」はこちら
引き続き、たしろかおるへのご意見・メッセージをお待ちしております!

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。
皆様からいただいたメッセージはこちら
● 池袋在勤中はお世話になりました、最低賃金の改善や 鉄道マンへの褒章基準の改善を 協力に進めてください。 ● みなさん、こんにちは。参議院議員選挙いよいよ投票日まで1週間を切りました。 投票日をひかえ、今思っていることを書きます。 私には子供がいます。子供達には健康で明るく、健やかにそして、「人の痛みの分か る子」に育って欲しいと思い育てています。「人の痛みの分かる人」とは思いやりを もってその人の立場に立つことのできる人だと思っています。 安倍政権は人の痛みの分かる人たちがいないと思っています。その根拠は社会保障費 を削り、アベノミクスで賃金が上がったといいますが、それは一部のホワイトカラー のみで相変わらず低い賃金。正規雇用は減り、非正規雇用が増えているという現実か らです。それをメディアをつうじて「成果を上げている」と自慢していることにも怒 りを覚えます。これのどこが成果なのか?一生懸命頑張った人たちを足蹴にしている ではないかと思うのです。全く理解できません。極めつけは憲法を守らないでおいて 好き勝手なことをやっているということ。武器輸出三原則を防衛装備移転三原則と勝 手に変え、安全保障関連法を強行採決をしました。そして憲法そのものも変えようと している。憲法を変える理由が「マッカーサーに押し付けられた。」「みともない」 憲法だから変えると言っている。よくもこんな次元でものが言えるなと思います。自 民党の憲法草案には現憲法で保障されている「国民主権、基本的人権、平和主義」が 消えています。このような憲法を考える人達が「人の痛みが分かる人」とは到底思い ません。だから「痛みの分かる人」を国会に送らなくてはいけません。 私はこの6年間、誰よりも弱者の立場に立ち頑張ってきた「たしろかおる」さんを推し ています。たしろさんは東日本大震災の時に高速道路などが寸断されたことを目の当 たりにし、大量に輸送できる鉄道で燃料輸送をすることを国土交通省に働きかけ、貨 物列車が通っていない路線に貨物列車を通し、被災地にいち早く燃料輸送を実現させ たのです。時の国土交通大臣から命を守った鉄道という言葉も頂きました。 たしろさんは「人の痛みの分かる人」です。未来に戦争のない平和な世の中、人権が 保障されている世の中を残していくために、安倍自公政権を倒すためにも是非とも投 票用紙2枚目に「たしろかおる」と書いてくださいお願いします。 私も人の痛みの分かる人になるように努力していきたいと思います。長文になってし まい申し訳ありません。 メッセージ・ご意見ありがとうございました! ● 18日間の選挙運動本当にお疲れ様でした。 明るい未来に向けて出発進行!全力で応援します!